平均サイズ以下でもペニスの硬さで勝負出来る!

平均サイズ以下でもペニスの硬さで勝負出来る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベガリアでペニス硬さアップ

日本人男性のペニスの平均サイズはどれくらいなのでしょうか?

ペニスのサイズは、男性なら一度は気にしたことがあるはずです。

ではなぜ気になるのかというと、やはり男性のシンボル的なものだからかもしれません。

ペニスが成長するのは、男性が第二次性徴期に入った頃からです。

ちょうど中学生・高校生くらいの年頃なので、性に対する興味とともに、ペニスの大きさも気になりだします。

プールの着替えなどでクラスメートのペニスのサイズが気になり、温泉や銭湯などで前を隠すようになります。

男性はこの頃から何十年も先まで、大なり小なりペニスに関する悩みを抱えて生きていくことになります。

今回は、日本人男性の平均的なペニスのサイズと、平均以下の場合でもペニスを硬くする事で補う方法について見ていくことにしましょう。

【世界の平均と見比べる】

日本人と外国人では体格に大きな差があります。

体の大きさが違えば、当然ペニスのサイズも違ってきます。

では、外国人の平均的なペニスのサイズはどれくらいなのでしょうか?

ペニスの大きい順で見ていくと、アフリカのスーダンが平均17.95cm、コンゴ共和国では17.93cm、太さが12.79cmというデータがあります。

では日本人の平均的なペニスサイズはどれくらいかといいますと、長さ13.6cm、太さは11.5cmくらいです。

外国人のほうが大きいのはわかっていましたが、具体的な数字を見るとその差は歴然としています。

【ペニスサイズの計り方】

ところで、日本人の平均サイズがわかると、自分のペニスのサイズを計ってみたくなりませんか?

ペニスの計り方にも、きちんとした方法がありますのでご紹介しましょう。

まず、勃起した状態で背筋を伸ばして真っ直ぐに立ってください。

次に、ペニスの根元にぴったり定規の角を合わせて、根元から先端までの長さを計ります。

ペニスのサイズを計ってみて、平均以上だと喜んでいる人もいれば、平均以下でガックリしている人もいるでしょう。

しかし、平均以上の人も、まだ安心するのは早いかもしれません。

というのは、女性が求めるペニスサイズは16.5cmというデータがあるからです。

しかし、すべての女性がこれだけのサイズを求めているわけでありませんから、その点は安心していいでしょう。

【平均以下の場合の対処法】

ところで、ペニスサイズが平均以下だったらどうすればいいのでしょうか?

というより、どうにかする方法はないのでしょうか・・・

ご安心ください。実はそれを補う方法はちゃんと存在します。

その方法は大きく分けると2つあるので、ひとつずつ説明していきましょう。

ペニスの.硬さをアップさせる

サイズで負けているなら、硬さで勝負するという手があります。

もともと日本人はペニスが硬いと言われています。

欧米の白人と比べると大きさでは負けますが、硬さでは断然日本人のほうが勝っています。

POINT
その硬さにますます磨きをかければ、欧米人にも負けないペニスを持てるし、日本人どうしでもペニスを硬くするトレーニングをすれば、勝つことができるでしょう。

セックスで女性を満足させるには大きさも重要かもしれませんが、硬さも大切なのです。

ペニスのサイズを簡単にアップすることはできませんが、硬さをアップすることは比較的容易にできます。

ですから、サイズで負けるなら硬さをアップさせて、女性を満足させればいいのだと頭を切り替えましょう。

ペニスを硬くするには以下の方法があります。

a.薬剤を注入する

ペニスが硬くなるのは、海綿体に血流が流れ込んで膨れあがるために硬さが増すわけです。

この上さらに硬さを増すには、ペニスに薬剤を注入するのが手っ取り早い方法です。

アクアミド、パフォームといった医療用成分を亀頭やカリの部分に注入して、硬さと張りを出す方法があります。

これなら簡単にペニスを硬くできますが、薬剤を注入した分だけペニスが膨らむので、増大効果も期待できます。

注入する薬剤には、ヒアルロン酸やコラーゲンなどもあります。

薬剤によって硬さが違ったり、半永久的に硬さを維持できる薬剤もあれば、定期的に追加注入が必要な薬剤もあります。

b.PC筋を鍛える

ペニスを硬くするには、PC筋を鍛えるのが有効な方法です。これなら、自分でトレーニングするだけなので費用もかかりません。

PC筋は精嚢と肛門の間にある筋肉ですが、オシッコをしていて途中で止めるときに使う筋肉といえば、一番わかりやすいでしょう。

PC筋を鍛えると男性機能全般に効果があります。つまり、精力が増強してペニスも硬くなるわけです。

PC筋を鍛える方法はいくつかありますが、肛門を締めるのが一番簡単で効果的な方法です。

姿勢は立っていても座っていてもいいので、肛門を5秒間キュッと締めてください。次に5秒間ゆるめてまた締めます。

締めてゆるめる動作を10回程度繰り返しましょう。

これを1日に何度かやっていると、ペニスが硬くなってきます。

ちなみに、女性を満足させるにはペニスの大きさや硬さのほかに精力も必要です。

PC筋を鍛えると精力も増強できるので、ぜひおすすめしたい方法です。

c.スクワットで鍛える

筋トレのスクワットをやることで、ペニスを硬くすることができます。

ペニスを硬くするだけでなく、同時に精力もアップして男性機能全般に効果があります。

下半身の筋肉を鍛えると男性機能に効果がありますが、その中でもスクワットは即効性があります。

また、場所を選ばずいつでもどこでもできるのも、スクワットのメリットです。

ちなみに、スクワットをしながら肛門を締めるとさらに効果がアップします。

こうすることで、スクワットをしながらPC筋も鍛えることができるので、一石二鳥で効果も倍増します。

足の筋肉に限らず、体を鍛えて筋肉をつけることは、精力増強と勃起力アップ(=硬さのアップ)につながります。

それは、スポーツ選手がみんなセックスが強いことからもわかります。

ペニスの硬さアップに関しては、当サイトの一押し商品であるベガリアも、シトルリン+アルギニンの陰茎血流促進機能により、徐々にですが確実に硬くする事が可能です。

ペニスを大きくする

ペニスのサイズで負けているなら、ペニスの硬さで勝てばいいと説明してきましたが、ペニスサイズそのものを大きくする方法もあります。

しかし、ペニスを硬くする方法に比べると大きくするほうが困難なので、まず硬くする方法をおすすめしました。

ペニスを大きくする方法はいくつかあるので、好きな方法を選ぶことができますが、ひとつだけ実践するより2つの方法を組み合わせて行うほうが高い効果が得られます。

では、ペニス増大にはどのような方法があるのか見てみましょう。

a.手術で増大する

増大手術によってペニスを長くする方法です。ペニスは根元の奥にも埋もれた部分があります。

ペニスと体をつなぐ靭帯を切って、この埋もれた部分を引き出して長くするのが、手術による増大方法です。

この手術で数センチ程度ペニスを長くすることができますが、太さは変わりません。

しかし、ペニスが数センチ長くなれば、見違えるほど変わります。

b.チントレで増大する

チントレとはペニスを増大するためのトレーニングです。

これには、ジェルキング法とミルキング法という2つの方法があります。

ジェルキング法は、親指と人差し指で輪っかを作り、ペニスの根元を握って先端に向かってしごいていくやり方です。

ミルキング法は、同じく輪っかを作って根元を握り、残った指を1本ずつ折り曲げていってペニスを握ります。

どちらも、海綿体の細胞を活性化させて細胞分裂を促してペニスを増大させます。

c.器具を使って増大する

増大器具には牽引型と吸引型があります。

牽引型はペニスを引っ張って長くするもので、吸引型はペニスを筒の中に入れ、空気を吸引して真空に近い状態にして膨張させる増大法です。

ペニス増大サプリを飲む

ベガリアを始めとしたペニス増大に効果のある、アルギニンやシトルリンを含んだサプリメントを飲んで増大させる方法です。

サプリメントを飲むだけですから、ここに紹介した増大法の中で一番簡単な方法です。

これに関しては他のベガリア関連情報で沢山書きましたので、ぜひそちらをご覧ください。

【まとめ】

日本人の平均的なペニスの長さは13.6cm、太さは11.5cmです。

もし自分のペニスが平均より小さければ、硬さをアップして女性を満足させることもできますし、ペニスを増大する方法もあります。

これらはもちろんベガリアでも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。