L-アルギニン×L-シトルリンの同時摂取が効果倍増する理由とは?

L-アルギニン×L-シトルリンの同時摂取が効果倍増する理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベガリアのみならず、精力増強サプリの中には、主成分としてL-アルギニンとL-シトルリンが配合されたものが数多く出回っています。

また、精力増強サプリに必ずといっていいほど配合されている、トンカットアリやクラチャイダムにもL-アルギニンが含まれています。

このような事実から、L-アルギニンとL-シトルリンが精力増強にとって重要な成分であることがわかります。

では、ベガリアの二代主力成分であるL-アルギニンとL-シトルリンとは、具体的にどんな成分なのでしょうか?

また、この2つは必ず一緒に配合されていますが、それには理由があるのでしょうか?

詳しく見ていくことにします。

【L-アルギニンとは】

L-アルギニンは、非必須アミノ酸とか準必須アミノ酸と呼ばれる、体内で生成できるアミノ酸です。

1886年にドイツでマメ科の植物の芽から発見されましたが、漢方では古くから強壮や婦人病・肝炎の薬として用いられていました。

L-アルギニンは人体の健康を保つのに重要な働きをしますが、加齢とともに体内での生成量が減っていくため、食物などで補う必要があります。

L-アルギニンには、以下のような効能があります。

POINT
・成長ホルモンの生成
・疲労回復
・勃起力アップ
・動脈硬化の予防
・成長ホルモンの生成

成長ホルモンの生成

成長ホルモンは脳下垂体から分泌され、L-アルギニンによって生成と分泌が促進されます。

成長ホルモンは成長期の子供に欠かせないホルモンですが、成長が止まった大人にとっても必要なホルモンです。

子供の成長期には、L-アルギニンが大量に消費されるので不足がちになります。

また、大人になっても運動などで成長ホルモンが分泌されると、L-アルギニンが足りなくなります。さらに、加齢によりL-アルギニンはもっと必要になってきます。

このように、L-アルギニンはいつでも不足がちで、常に食物などから補う必要のある成分なのです。

ちなみに、成長ホルモンの分泌にはL-アルギニン以外にも必要なものがあります。

アミノ酸は複数のアミノ酸と一緒に摂取しないと効果がありません。

POINT
そのため、L-アルギニンはオルニチン・トリプトファン・グリシン・チロシンなどのアミノ酸と一緒に摂取するほうがいいのですが、これが中々できないために、成長ホルモンの生成がうまくいかないのです。

ちなみに、成長ホルモンには体の成長以外にも重要な役割があります。男性ホルモンの一種であるテストステロンの生成に、成長ホルモンが必要なのです。

テストステロンは男性機能全般に深い関わりのあるホルモンで、勃起力アップや精力増強に欠かせないものです。

・疲労回復

L-アルギニンは、体の疲労や脳疲労の解消にも効果があります。

POINT
L-アルギニンは体内で一酸化窒素を生成しますが、一酸化窒素は血管を柔軟にして拡張する作用があるため、全身の血管が活性化して大量の血液がスムーズに循環するようになります。

その結果、体の隅々まで栄養素が行き渡り、細胞の活動の結果生じた老廃物を速やかに排出できるようになるため、健康体を取り戻すことができます。

細胞の活動の結果、アンモニアが生成されますが、アンモニアは疲労の元となる有毒物質です。いわゆる「疲労」とは、細胞内にアンモニアが溜まった状態なのです。

このアンモニアが細胞の中にあると、いつまでたっても疲れが取れません。ですから、健康な体を作るためには、血管が柔軟に拡張して血流をよくする必要があります。

そのために重要な働きをするのが、L-アルギニンなのです。

余談ですが、細胞内に溜まったアンモニアは肝臓内の尿素回路(オルニチン回路)で尿素に変換され、オシッコとして排出されます。

しかし、疲労がたまりすぎるとこの処理が追い付かなくなり、体のだるい状態が続きます。

L-アルギニンはここでも重要な働きをしています。

L-アルギニンは、尿素回路でアンモニアを尿素に変換するのをサポートしているのです。

・勃起力アップ

L-アルギニンが体内で一酸化窒素を生成して、血管を拡張することはお話しましたが、実はこの作用が勃起力アップにも重要な働きをします。

L-アルギニンが生成した一酸化窒素で起こる血管拡張は、全身の血管におよびます。

ペニスの海綿体には無数の毛細血管が張り巡らされていますが、もちろんこの毛細血管も一酸化窒素によって拡張します。

ペニスは、海綿体の毛細血管に血液が流れ込むことによって硬く勃起します。

これとは逆に、血管が硬くて拡張しなければ、海綿体の毛細血管に流れ込む血液が少ないために、十分に勃起することができません。

これが勃起不足と言われる状態なのです。

つまり、L-アルギニンの生成する一酸化窒素が血管を拡張する作用は、そのまま勃起力アップにつながるわけです。

L-アルギニンは男性ホルモンの一種である、テストステロンの生成にも欠かせないアミノ酸です。

テストステロンは男性機能を活性化するホルモンですが、L-アルギニンはそれの生成にも深く関わっています。

さらに、テストステロンは精液の生成、特に精子の数や運動性を高めるのに重要な役割を果たしています。

・動脈硬化の予防

L-アルギニンは一酸化窒素を生成し、血管を拡張する作用があるので動脈硬化の予防にも効果があります。

動脈硬化は、血管の壁が硬くなり柔軟性がなくなる症状です。

動脈硬化は加齢によってなるものと思われがちですが、もっと他にも原因があります。

そのひとつが悪玉コレステロールです。

悪玉の中でも、小型LDLコレステロールが多いと、動脈硬化につながることがわかっています。

これと反対に、HDLと呼ばれる善玉コレステロールが多いと、動脈硬化になりにくくなります。

このように、動脈硬化というとコレステロールを下げることばかり考えがちですが、L-アルギニンはまったく違う観点から動脈硬化を予防してくれます。

L-アルギニンは、一酸化窒素を生成して血管を拡張できるのですから、血管内に少しくらいコレステロールが詰まっていても、問題なく血流を通すことができるのです。

動脈硬化は老化から起こるものだから、肌の老化と同じだと言われることがあります。

しかし、肌の老化と違うのは、命の危険がある老化だということです。

血管の老化は外からはわかりにくいのですが、少しずつ進行してある日突然、心筋梗塞や脳卒中を起こすおそれがあります。

L-アルギニンは、この厄介な動脈硬化を未然に防いでくれるのです。

【L-シトルリンとは】

 

L-シトルリンは、1930年に発見されたアミノ酸の一種で、スイカに最も多く含まれて居ます。

L-シトルリンもL-アルギニンと同様に、血管内で一酸化窒素を生成して血管を拡張する作用があります。

そのため、L-シトルリンにも疲労回復や勃起力アップ、動脈硬化の予防などの効果があります。

ちなみに、一酸化窒素は排気ガスに含まれる有害物質で、酸性雨をはじめとする地球環境問題の元凶ともいえるものですが、これが人間の体内に入ると血管を拡張して健康体にしてくれるのですから不思議なものです。

【L-アルギニンとL-シトルリンの相乗効果】

L-アルギニンとL-シトルリンは、同時に摂取することで相乗効果が生まれます。

L-アルギニンは体内で一酸化窒素を生成しますが、その過程でL-シトルリンも作られます。

しかも、ここで生成されたL-シトルリンはふたたびL-アルギニンに変わります。

このL-アルギニンからもまた一酸化窒素とL-シトルリンが生成されるので、何ともややこしい構成になっています。

しかも、L-シトルリンは体内で分解されてL-アルギニンになりますが、このL-アルギニンは直接摂取したL-アルギニンより、はるかに吸収率がいいのです。

この複雑な変換の繰り返しにより、血液中のL-アルギニン濃度が上がって、さらに多くの一酸化窒素を生成することが可能となります。

このように、L-アルギニンとL-シトルリンは車の両輪のような働きをするので、ベガリアはじめ多くのペニス増強サプリにこの2つの成分が配合されるようになったのです。

【勃起の仕組みとL-アルギニン×L-シトルリン】

L-アルギニンとL-シトルリンの働きによって生成される一酸化炭素により、ペニスの毛細血管が拡張されて血液が流れ込み勃起が起ります。

このメカニズムをもう少し詳しく見てみましょう。

勃起のメカニズムは意外に複雑で、さまざまな器官の働きによって起こります。その中のどこかに不具合があると、正常に勃起しないのです。

ペニスの中には、陰茎海綿体と呼ばれる組織が左右一対あります。その下に尿道海綿体がありますが、こちらは勃起には関係ありません。

海綿体はスポンジ状の組織で、毛細血管が無数に走っています。

勃起しない時は、陰茎海綿体につながる血管は収縮して血液を通さないようになっています。

男性が性的刺激を受けると脳の中枢神経が活発になり、脊髄を通ってペニスに勃起指令が発せられます。同時に血管内で一酸化窒素が大量に生成されて勃起が始まります。

一酸化窒素の生成により、勃起と深く関わる陰茎深動脈と螺行動脈が弛緩します。

螺行動脈はペニスの根元にあってバルブのような役目をしています。ここが緩むことで、海綿体への血液の流入が可能となります。

さらに、海綿体平滑筋も弛緩して、勃起の準備が整います。

海綿体に血液が流れ込むと、髪の毛より細い毛細血管に流れ込んだ血液の圧力で、ペニスが硬く勃起します。

この状態になると海綿体を覆っている白い膜が膨れ上がり、静脈が圧迫されて流れ込んだ血液が流れ出すことがなくなって、勃起状態が続きます。

一見簡単に見える勃起には、裏でこれだけのプロセスが働いているのです。

ペニスが勃起する際に重要な役割をするのが、環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質です。

一酸化窒素によりcGMPが増えると、陰茎平滑筋が弛緩して海綿体に血液が流れ込みます。しかし、海綿体にはcGMPを分解するPDE5という物質もあります。

PDE5は射精後に勃起を終わらせるために必要な物質ですが、セックス中にPDE5が分泌されるとcGMPが分解されて勃起力が低下してしまいます。

これが勃起不全と呼ばれる現象です。

このように、L-アルギニンとL-シトルリンは、勃起を促す陰茎内の血流促進を助けるという、とても大切な成分なのです。

ベガリアがこの2つの成分を主力としたのは、こうした理由からだと頷けます。

【まとめ】

L-アルギニンとL-シトルリンは一緒に摂取すると効果が倍増します。

L-アルギニンとL-シトルリンは、ともに体内で一酸化窒素を生成して血管を拡張し、ペニスの勃起を促します。

また、L-アルギニンは成長ホルモンやテストステロンの生成にも重要な役目を果たしています。

L-アルギニンとL-シトルリンは勃起のために必要不可欠な成分なので、ベガリアのみならず多くのペニス増大サプリに配合されています。

ただし、1箱30カプセル(1日1カプセル)配合程度の商品が多く1箱に120カプセルも配合されているベガリアは、とても費用対効果が高い商品と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。