成長期の若者がベガリアを飲めば巨根になれるのか?

成長期の若者がベガリアを飲めば巨根になれるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若者がベガリアでペニス増大

ベガリアに含まれているシトルリンやアルギニン、亜鉛といった成分は、成長期にも欠かせない栄養素です。

きちんと食事をとり、運動もできている若者がベガリアを飲めば、特に成長期はペニス増大にも効果がある程度期待できます。

若年性EDで悩んでいる若者も、男性機能に関しては悩まなくて済むようになるかもしれません。

若者がベガリアを飲むと巨根になる?

成長期の男子がべがリアを飲んでもいいのか?

サプリメントはせめて15歳を超えていれば大人と同じ分量で飲めるようになります。

ベガリアも同じようなもので、推奨摂取量を飲むのであれば高校生くらいからは、大人と同じように飲めます。

ペニスの大きさは少なからず女性を満足させるために影響するものです。

POINT
身長や体格差によって変わりますが、ある程度の長さとして勃起時に13cm~15cmはあったほうがよく、太さも勃起時に直径3cmから4cmは最低でもあったほうが無難です。

あまりにも長すぎると女性にとって痛いだけですが、大きいぶんにはセックスのときの動き方を調整すればよいだけです。

ペニスが小さい場合は、女性の膣にとって不足した状態になるのでやはり満足しきれないという本音はあるようです。

高校生とは言わないまでも、ペニス増大という目的が主な場合、なるべく若いうちにベガリアを摂取する事でペニスを少しでも大きくできれば、若者の悩みも解消できるはずです。

成長期に栄養状態が良ければペニス増大はうまくいく可能性大

成長期にペニス増大サプリメントを飲んでおき、あとは普通にチントレやオナニーに専念してくれればペニス増大の可能性は十分高まります。

まだ成長期なのでしっかりトレーニングを意識したオナニーをしればペニスは大きくなってくれるはずです。

この時、若者の体の中の栄養状態が何よりも大切で、五大栄養素を十分に摂取しておき、不足する要素がないようにしましょう。

そのうえでベガリアを摂取すればペニスに流れ込む血液も多く、ホルモンバランスも調整されて良い効果が出てくれるはずです。

体の中の栄養状態が良ければ、成長期にもペニスまできちんと栄養がいきわたって、ペニス増大につながります。

栄養状態の良さだけでなく、適切なオナニーと射精、十分な休息など条件さえ整えばペニスは育ってくれます。

POINT
大人になって成長しなくなってからではペニス増大には限界がありますが、成長期の若者の頃に少しでも大きくできれば、将来多少勃起力が落ちてもすぐには自信を失わずに済むはずです。

特に必要なのがアミノ酸です。

アミノ酸がバランスよく補給できていれば、骨も筋肉も育ち、血管や皮膚の再生などにも役立ってくれます。

シトルリン、アルギニンだけでなく、BCAAもグルタミン酸も必須アミノ酸、非必須アミノ酸も両方共に必要です。

サプリメントで補いきれない場合はベガリアも併用し、できれば鶏卵の半熟卵など栄養をバランスよく摂取できるものを食べるのが良いでしょう。

やはり若い方がペニス増大の効果が期待できる

若い時分にベガリアを飲むメリットはペニス増大だけではありません。

成長期はまだ全身育ってくれる段階なので、ベガリアを飲んでいれば睾丸が育ってくれる可能性があります。

これはその若者の将来にとって、基礎となるホルモン分泌力が高まることも意味し、男性機能の最低ラインを高めることにつながります。

ペニス増大ができて、睾丸も少し成長させられれば、将来男性機能不振で悩むことは減るかもしれません。

特に将来、40代、50代になった時に、勃起力低下の可能性を減らせるというのは大きいです。

女子は身体が出来上がるのが少し早いですが、男子は20歳から25歳の朝飯まで伸びると言われていますので二十歳を過ぎていればベガリアなどの増大系サプリメントを飲むのは良い事です。

オナニーやチントレも思春期なら効率がいい

ベガリアを飲みながら精力を底上げできる

若者のうちは、まだトレーニングやチントレを意識したオナニーはできません。

理性でオナニーをコントロールできるわけはなく、本能に従ってこするくらいしかできないものです。

トレーニング感覚よりも発散する感覚のほうが強く、女性を喜ばせたり満足させたりするようなところまで気が回らないくらいのレベルです。

それでもどんなふうにオナニーすればよいか知っていれば余裕が出てきた時に正しいオナニーができるようになります。

正しいオナニーは知らないより、知っていたほうが良いのは間違いありません。

チントレについても知っていれば、お風呂や自室で勝手に挑戦してくれるかもしれません。

思春期の男子は毎日のようにオナニーをするので、そのついでにペニスが少しでも大きくなるように、栄養状態やベース部分を整えておきましょう。

反面、社会人や親になるとオナニーも自由にできなくなることが多く、どうしてもチントレさえもしにくくなります。

お風呂でもオナニーしにくく、自室でもパートナーがいても若者も一緒に住んでいればセックスはしにくいものです。

若いうちに鍛えておけば将来の衰退が減るかも

若いうちに体力やスタミナのベースを高めておけば、将来年をとってからの大量の下げ幅が少なめになるでしょう。

POINT
年齢とともにレベルが50落ちるとして、若い時にレベル100まであげておけば最低でもレベル50まで下がるだけで済みますが、若い時点でレベルが70までしか上がっていないと、あとは老化に伴い最低でレベル20まで下がってしまいます。

基本となる体力の最低ラインを上げておけば、将来も健康でいられる可能性が高いので、少しでも若いうちにベガリアでも精力サプリでも飲んで、底上げをしておくことには大きな意味があります。

これは男性機能に限らず、肝臓の働き、骨や筋肉の強さ、運動神経や感覚神経などの働き、代謝などに関してもメリットがあります。

若者のうちからあえてベガリアを飲む必要はないですが、それに類する栄養補助食品、サプリメントがあるならば飲んて、体力やスタミナの底上げをするのは推奨致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。