ベガリアの正しい飲み方とは?飲み方ひとつで効果が左右される?

ベガリアの正しい飲み方とは?飲み方ひとつで効果が左右される?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベガリア

【ベガリアの正しい飲み方とは?飲み方ひとつで効果が左右される?】

ベガリアは、見た目はカプセルに入っているので、医薬品なのかな?と思われる方も多いと思いますが、ベガリア含む男性用サプリメントは、医薬品ではなく食品に該当します。

医薬品というのは服用するタイミングや飲み方がきっちりと決まっているのですが、ベガリアは食品に該当するので、決まった摂取方法は特に決まっておらず基本的には各々のタイミングで服用するものになります。

1日の摂取量ですが、これもきちんと明確に決められてはいませんが、ベガリアの推奨する摂取量は1日4カプセルです。
これはあくまで推奨する摂取量ですので、必ず4カプセルを1日に摂取しないといけないということはありません。
自身の体調や効果の感じ方によっては、多少の摂取量の違いがあってもさほど問題ありません。

このように基本的には自由にベガリアを摂取して問題ないのですが、それぞれで服用した人が同じ効果を得ることが出来るのでしょうか?

服用した人の体質や服用期間などの違いもあるので一概に言うことは出来ませんが、少なくとも、服用するタイミングや飲み方の違いによって効果の表れ方には差があります。

では、ベガリアの効果を最も感じられるタイミングや飲み方には、どのような方法があるのでしょうか。

【ベガリアの効果をより感じることが出来る服用のタイミングとは?】

ベガリアの効果をより感じることが出来るタイミングをいくつか紹介します。

・食後2時間~3時間後

食後2時間~3時間後のタイミングというのは、ベガリアの主成分でもあるL-シトルリンやL-アルギニンといったアミノ酸が、体内に入って活動するのに1番ベストなタイミングなのです。

POINT
なぜかというと、L-シトルリンやL-アルギニンなどのアミノ酸というのは、人間の体にとって必要不可欠な成分で、特に消化器系の臓器の働きに欠かせない重要な成分になります。

特に小腸内の壁は頻繁に細胞分裂を繰り返しますので、絶えずアミノ酸が必要になります。

なので、食事やサプリメントでアミノ酸を摂取すると、アミノ酸を最も必要とする消化器系の臓器の方に優先的にアミノ酸が吸収されるのです。

そしてそれによって残ったわずかなアミノ酸が他の器官に行き渡ることになるので、せっかくペニス増大や精力増強のためにサプリメントを服用しているのにも関わらず、服用のタイミングを一歩間違えてしまうと、せっかくの成分も体内で違う方面で活躍してしまうことになる可能性があるのです。

食後2時間~3時間後というタイミングは、食事によって摂取されたアミノ酸が消化器官などの優先されるべき器官にすでに吸収されているタイミングになるので、そこでベガリアの服用をすれば他の器官へとL-シトルリンやL-アルギニンなどが吸収されること無く、本来の目的の場所で十分に力を発揮してくれるというわけです。

・寝る前

ベガリアを服用するタイミングとして、夜寝る前も非常に効果的なタイミングであると言えます。

L-シトルリンやL-アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進させる効果もあります。
人間のホルモン分泌が盛んになる時間帯は夜眠っている間です。

特に盛んになるタイミングが、眠りについてからの3時間といわれており、眠り始めてから最初の90分が最もホルモン分泌が盛んになるタイミングと言われています。

ですので、そのタイミングで服用することによって、成長ホルモンの分泌の活性化に繋がります。

眠りにつくタイミングを見計らって服用するとなると、眠りにつく1時間ほど前に服用するのがベストなのではないでしょうか。

・朝起きてすぐ

ベガリアに配合されている成分に「ガラナ」という成分があります。
この成分は疲労回復や集中力を高めるといった効果があるのですが、この成分は実はカフェインの一種ということもあり興奮作用があります。

ですので、眠る前に服用した場合、人によっては目が覚めて眠れなくなってしまうという可能性もあります。

万が一眠れないとなってしまうと、次の日の生活や仕事に影響してしまいますし、きちんと眠れないと体がつらいですよね。

なので、胃が空っぽの状態である朝起きてから服用するのもベストなタイミングであると考えます。

カフェインの作用で眠気から覚ましてくれる効果も期待できます。

【ベガリアの推奨する摂取量は1日4カプセル】

ベガリアが推奨する1日の摂取量は4カプセルです。

そして1箱120カプセル入りなので、1日4カプセルを毎日続けていくと、約1ヶ月で1箱が終了することになります。

ただし、これはあくまで目安となる摂取量であり、個人差や体質の差によっては、1日2カプセルや3カプセルの服用でも効果を感じられる場合はあります。

POINT
ベガリアは医薬品ではなく、あくまでサプリメントではありますが、医薬品の効果に近い作用をもたらす成分も配合されているため、特に飲み始めの段階においては、ベガリアを体に馴染ませるといった意味合いにおいても、いきなり1日4カプセルの服用から始めるのではなく、まずは1日1カプセルないし2カプセルほどの摂取量から始めて様子を見ることをお勧めします。

場合によっては、飲み始めの頃に体が火照ったりなどの症状が出る場合があるので、その時の体調をよく見つつ、服用する量を調整していきましょう。

そして、特に服用に関して問題なさそうであれば、摂取量を増やしていきましょう。

また、ベガリアは医薬品のように服用したらした分だけ効果が見込めるものではありません。

推奨する摂取量は1日4カプセルとなっていますが、それは同時に上限1日4カプセルまでという意味合いも含まれていると考えます。

人間の体は1日に摂取できる成分の量は決まっているので、その許容量を超えた分の成分に関しては体外に排出されてしまうのです。

なので、ベガリアを過剰に摂取したところで意味が無いのです。
逆に過剰に摂取したことによる副作用を引き起こしてしまう可能性があるので、過剰摂取には気をつけましょう。

【ベガリアは毎日継続して服用することが大切】

ベガリアの服用で一番大切なことは、毎日欠かさずに継続して服用することです。

長期間欠かさずに服用することによって、少しずつ体質や体内環境を改善していき、そこではじめてペニス増大や精力増強としての効果が表れます。

最低でも3ヶ月、出来れば半年を目安に毎日飲み忘れることなく服用を続けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。