ベガリアは摂取をやめるとすぐに効果は無くなる?

ベガリアは摂取をやめるとすぐに効果は無くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベガリアは即効性がある医薬品とは違い、長期間、定期的に服用を続けることで徐々に効果が表れるサプリメントになります。

なので、毎日欠かさずに服用を続けることが、効果を感じることが出来る大前提になります。

ですが飲み忘れることや、ベガリアを飲み切ってしまい次の注文が間に合わず、服用出来ない期間を作ってしまったなど、何らかの事情で服用出来ない日があるという場合も少なくないと思います。

また、ベガリアの効果を十分に感じることができれば、一旦ベガリアから離れてみようと考えることも自然な流れだと思います。

では、ベガリアを服用しない期間が出来てしまう、そしてベガリアを服用しなくなると、体にどのような変化が表れるのでしょうか?

【1日や2日の飲み忘れ程度ならそこまで心配しなくても大丈夫?】

普段、ベガリアを毎日欠かさずに服用していて、たまたま丸1日飲み忘れてしまった!という経験を持っている方は少なくないと思います。

実際、1日や2日ベガリアを飲み忘れるとどうなるのかというと、まず当たり前ですが体への悪い影響は特にありません。

ベガリアには数多くの有効成分が、人の体内に入りきちんと効果が発揮できる分だけの配合量で作られています。

ですので、毎日それらの有効成分を摂取することによって、体内環境が少しずつ変化し効果として徐々に表れてくるので、摂取してプラスの変化はあっても、体調が悪くなったりといったマイナスの変化というのは特に無いのです。

 

しかし、ベガリアには滋養強壮効果や疲労回復効果があります。

例えば、普段から疲労がたまっていたり疲れやすいという人が、ベガリアの服用を数日やめてしまうと、ベガリアの効果で回復していたそれらが、再び疲労感や冷え性などといった症状になって表れてしまう可能性は考えられます。

ですので、ベガリアを1日2日飲み忘れても特に体への影響はありませんが、ベガリアの効果が薄れてしまう可能性があります。

 

POINT
ベガリアだけに頼った生活を送っていると、万が一飲み忘れた時に回復していた症状がぶり返してしまうかもしれませんので、そうならないためにも普段の食生活や生活習慣を見直し、十分な睡眠時間を確保して健康的な生活を送るように心がけましょう。

 

そうすることによって、ベガリアとの相乗効果により、さらに高い効果を得られやすくなります。

【長期間ベガリアを飲まないとどうなる?】

では2週間や1ヶ月といった長期間ベガリアの服用を止めると、体にはどのような変化が起きるのでしょうか?

ベガリアを長期間服用しないということは、ベガリアの有効成分が体内に無い状態になるので、2日3日程度では特に変化はないものの、1週間ほど経つとそれまでベガリアの効果によって回復していた疲労感であったり、冷え性や肩こりなどの症状が再び出てきてしまう可能性が極めて高くなります。

健康に気をつけて、きちんとした生活習慣が身に付いていれば、こういった症状はそこまでひどい表れ方はしないと思いますが、ベガリアの効果によって回復していた症状が多ければ多いほど、服用しない期間が長いと徐々に表れてしまいます。

実際に、ベガリアを1週間以上服用出来なかった人に話を聞くと、やはり服用しない日が続くにつれ、疲労感を徐々に感じるようになり、血流悪化による冷え性をぶり返してしまったそうです。

そしてベガリアの服用を再開しても、一旦戻りかけた症状はすぐには改善されず、ベガリアを毎日服用していたころの体調に戻すのはかなり時間がかかったそうです。

POINT
また、ベガリアによって高まった勃起力や射精する精子の量が増えても、ベガリアの服用を止めることによって、ベガリアを服用する前の状態に戻ってしまう可能性も十分に考えられます。

つまり、勃起力は低下し精子の量も減ってしまう可能性があるということです。

ちなみにペニスのサイズですが、基本的に一度大きくなったペニスというのは元には戻らないので、ベガリアを服用する前のサイズに逆戻りするということはありませんが、ベガリアの服用を止めたことによる反動で、多少サイズダウンする可能性はあります。

事情で服用出来ない場合は仕方ありませんが、そもそものベガリアの服用を止めようとしている場合は、これらのことを踏まえたうえで止めた方がいいでしょう。

【ベガリアの真の効果は体質改善にある?】

ベガリアにはL-シトルリンやL-アルギニン、オルニチンなど多数の有効成分が配合されています。
実はいずれの成分も、ペニス増大や精力増強、滋養強壮などの効果に直接的には作用しません。

 

どういう事かというと、ベガリアの主成分であるL-アルギニンやL-シトルリンの直接的な効果というのは、血流改善やホルモン分泌の促進になります。

オルニチンやアスパラギン酸などのアミノ酸は、疲労回復には欠かせないオルニチン回路の働きを正常にするために必要な栄養素になります。

ベガリアの摂取によって血流を改善し、ホルモン分泌量を増やすことによってペニス増大や精力増強が見込まれ、そしてオルニチン回路の働きを正常化することによって疲労回復などといった効果に繋がるのです。

POINT
つまり、ベガリアを服用して徐々に体質改善を促し、ペニス増大や精力増強、疲労回復などしやすい体作りをすることがベガリアの真の効果であると言えます。

そして生活習慣、特に食生活を変えていくことによって、ベガリアの効果をより有効的に得られることが出来ます。

例えば血流改善効果があるL-シトルリンが多く含まれている、スイカやキュウリなどのウリ科の野菜や、オルニチンが豊富に含まれているしじみ、アミノ酸が多く含まれている卵や魚卵、納豆、豆腐、味噌など、ベガリアに配合されている有効成分が豊富に含まれている食品を積極的に摂ることによって、ベガリアとの相乗効果が生まれ、ベガリアだけに頼るよりも高い効果を得ることが出来ます。

少しずつ工夫しながら毎日の食事内容を変えていきましょう。

そして、食生活を変えていくことに加え、その食生活を阻害するような行為を控えることも非常に重要です。

それはアルコール摂取、喫煙、カップラーメンやコンビニ弁当などの食事です。 これらの行為や食事内容は、血流を悪化させたり、精力を低下させてしまう原因になるので、もしこのような生活習慣が身に付いている場合は、徐々に改善していきましょう。

一番分かりやすく参考になるのがAV男優さんの食生活や生活習慣です。

特に売れっ子AV男優さんや有名なAV男優さんになると、1日に数件もの現場を掛け持ちしなくてはなりません。
その都度、ペニスを勃起させ射精をしなければならないので、体のコンディションが非常に重要になります。

そのため毎日の食事や運動など、非常に気をつけている方が多く、みなさん少しでも精力増強に役に立つような生活を心がけているそうです。

また食生活の見直しや生活習慣の改善は、健康にも非常に良いことなので、これを機に一度見直してみてください。

【まとめ】

ベガリアを1日や2日飲み忘れたからと言って、すぐに効果が表れなくなるということは基本的にはなく、体へのマイナスの影響もありません。

ですが、1週間や一ヶ月以上といった長期になると、ベガリアの効果はだんだんと薄れ、それまでベガリアの効果で回復していた症状や体への不調が再び表れる可能性が極めて高くなります。

ベガリアの服用で得られる効果というのは、体質改善が根底にあります。
徐々に体質を改善していき、効果を得られやすい体になってはじめて、ペニス増大や精力増強といった効果を得ることが出来ます。

ベガリアの服用だけでも一定の効果を得ることは出来ますが、普段の食生活や生活習慣を改めることにより、より高い効果を得られる可能性があります。

一度普段の生活を見直してみて、改善できる所から徐々に変えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。