ベガリアは医薬品?サプリメントと医薬品の違いとは?

ベガリアは医薬品?サプリメントと医薬品の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ベガリアは医薬品?サプリメントと医薬品の違いとは?】

ベガリアが医薬品だろうとサプリメントだろうと、効果があればいい!と言われてしまいそうですが、医薬品とサプリメントとでは明確な違いがあります。

その違いによって、服用の仕方や効果の表れ方にも大きな差があるので、医薬品と健康補助食品の違いをここで改めて説明いたします。

・医薬品

医薬品とは、何かの病気による治療や予防を目的として服用するものです。

POINT
厚生労働大臣や各都道府県の知事によって承認されたものであり、それぞれの成分内容、効果効能、副作用、用量用法など、各チェック項目ごとにきちんと調査がおこなわれます。

医薬品には細かく分けると3種類あります。

医師のみが処方できる医療用医薬品、薬局やドラッグストアで販売されている一般用医薬品、また医薬品ほどの副作用などのリスクは少ないけど、ある特定の症状の予防を目的とした医薬部外品があります。

こういった医薬品に配合されているほとんどの成分は、人間が体内で生成できるものや、自然のものではなく、人工的に生み出されたものが多いです。

それゆえ、副作用が起きることを防ぐために、服用するタイミングや1度に服用する量などが、きっちり決まっているのです。

・サプリメント

サプリメントとは、毎日の食事などで補いきれない栄養素を補給し、人間本来の免疫力や自己治癒力を高め予防をするというのが目的のものであり、医薬品のように病気の治療や予防を目的としたものではありません。

いわゆる栄養補助食品や健康補助食品などと呼ばれることもあり、サプリメントは「食品」扱いになります。

食品に分類されているので、服用の仕方や飲み方などは特に決まっていません。
メーカーからの1日の摂取量の目安はある程度ありますが、基本的には服用のタイミングや1度に服用する量などは個人の自由です。

そして効果の表れ方ですが、医薬品は即効性があるのに対し、サプリメントは即効性がありません。

長期的な服用が基本になり、サプリメントの配合成分によって時間をかけて体質改善していくことではじめてサプリメントとしての効果が表れてきます。

【健康補助食品ならば無茶な飲み方をしても体に害はないの?】

ベガリアはサプリメントであり、健康補助食品などに該当する食品なので、メーカーによる1日の摂取する推奨量を目安に服用していれば、副作用の心配はほとんどありません。

むちゃくちゃな飲み方をしない限りは、体に危険が及ぶことは無いということです。

むちゃくちゃな飲み方というのは、例えば1度に1箱分の大量のベガリアを服用するといった行為です。

ベガリアにいくら医薬品のような成分が配合されていないからと言っても、医薬品の作用に近い働きをする成分が配合されています。

たまにサプリメントを一気飲みするといった投稿動画などを見かけますが、効果を感じるどころか、体に悪い影響を及ぼす行為なので、こういった服用はやめましょう。

また、アルコールと一緒に服用することも避けましょう。

医薬品の場合は絶対NGですが、サプリメントなら大丈夫じゃないか?と思われがちですが、これも実は危険な行為です。

そこまで強い副作用が出るという可能性は低いですが、アルコールの分解は肝臓でおこなわれます。

ベガリアに配合されている主成分のL-シトルリンやL-アルギニンといった成分は、肝臓にあるオルニチン回路で分解され、体内に吸収されやすくなります。

POINT
しかし、ベガリアをアルコールと一緒に摂取してしまうと、ベガリアの成分がアルコールと一緒に肝臓で分解されてしまう可能性があり、結果としてベガリアの成分がきちんと体内に吸収されることなく無くなってしまうかもしれないのです。

せっかくベガリアを服用しても、効果を感じることなく無駄になってしまう可能性があるので、アルコールとの摂取は避けましょう。

ベガリアを服用する時は、水かぬるま湯で服用するのがベストです。

【ベガリアを服用する時に注意すべき点は?】

ベガリアには体内環境を改善するための有効成分が多数配合されています。
L-シトルリンやL-アルギニンといったアミノ酸や、アカガウクルアやマカ、トンカットアリといった天然由来の成分、また亜鉛などのミネラルなど、配合されている有効成分は多岐に渡ります。

このような成分を長期服用することによって、時間をかけて徐々に効果として表れてくるので、ベガリアを普通に服用していれば、副作用などの心配なく効果を期待できるのですが、これは特に持病もなく健康に問題が無い人の場合です。

では、どのような人が服用に注意するべきなのでしょうか?

それは、食物アレルギーや心疾患、高血圧症などの持病を持っている方の服用です。

ベガリアを一般の食品と同じように考えてもらうと分かりやすいと思いますが、ベガリアには天然由来の成分が多数配合されています。

一般の食品にも含まれている成分があるので、食物アレルギーをお持ちの方は、ベガリアにアレルギーの原因である成分が配合されていないかをチェックする必要があります。
ベガリアのパッケージに成分名の記載がありますし、メーカーに直接電話で問い合わせもしても良いと思います。

また、ベガリアには血管を拡張し血流を改善する作用がある成分が配合されています。
そのため心臓に疾患を持っていたり、血圧が高めの方の服用には注意が必要です。

もし、このような持病を抱えている方のベガリアの服用の際には、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

⇒ベガリア公式サイトはコチラです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。