ベガリアを1日に推奨摂取量の2倍飲むと効果は倍増!?

ベガリアを1日に推奨摂取量の2倍飲むと効果は倍増!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベガリア倍飲み効果

ベガリアは1日の摂取量が決まっていますが、あくまで健康食品、サプリメントの位置づけなのでそこまで厳密ではありません。

1日に4カプセルが通常の摂取量ですが、朝と夜に分けて4カプセルずつ摂取しても、副作用やアレルギー症状がなければ特に問題はありません。

ベガリアの倍量摂取は健康に良くないのか?

2倍くらいなら健康に害はない

ベガリアは精力増強サプリメントとして販売されており、基本的にはベガリアが公式に発表している推奨摂取量を飲むのが適切です。

しかし、日頃のストレス過剰、疲労が多すぎる、栄養を十分に補給できていないというような環境下にいて、ベガリアからも栄養摂取したいと考えている場合は、摂取する時間をずらして、多めに摂取するくらいならば問題はありません。

特にサプリメントで気をつけないといけないのは、一度に大量に飲んでしまうことによる過剰摂取とそれに伴う症状で、腹痛、めまい、吐き気、立ちくらみ、頭痛などがよく起こります。

POINT
ベガリアを飲むときには亜鉛の過剰摂取に注意が必要で、亜鉛は1日に最大でも40mgまでは許容されますが、アメリカでは20mgまで、日本では10mg~12mgまでが良いとされています。

人と国と地域によって摂取量が異なりますので、あなた自身にとっての安全な摂取量を飲む分には問題ありません。

日頃から栄養不足で、慢性的に栄養が足りず、現代栄養失調になっている場合は、いきなり栄養を摂取すると当然下痢や腹痛を起こします。

急激な環境変化はどんな形でも身体に良くないので、ベガリアを最初に飲むときは1日4カプセルではなく、1日に朝晩分けて1カプセルずつからはじめて、少しずつ1日4カプセル飲むようにするのが安全です。

そこからさらに調整して、朝晩3カプセルずつ飲んでも問題なければ、朝晩4カプセルと増やしてみるのも良いでしょう。
これで健康面に問題が起きず、健康面にプラスの影響があればそのまま続けても問題ないでしょう。

飲みすぎても効果は期待できない

一度に過剰に摂取しても、ベガリアの効果が倍増することはありません。副作用を起こすだけで体調改善にはつながらないです。

ベガリアに体を慣らしていき、食事と運動も合わせて栄養補給することでようやく体調が改善されていき、精力増強につながります。

最初から大量に飲んだからと言って、勃起薬バイアグラのような効果があるわけではありません。せいぜいエナジードリンクを飲んだときのような一時的なスタミナのドーピングができるだけです。

ベガリアを飲んで精力増強するために必要なことの一つに、体内の栄養状態を良くすることがあげられます。

このため、ベガリアを一時的に過剰摂取しても、栄養状態は一時的にしかよくならず、しばらくするとまた栄養が足りない状態に戻ります。
これでは意味がないので、ベガリアは毎日継続して、コツコツと飲み続けて、いつでも体内の栄養状態が良い状態を維持するのがベストです。

1日に8カプセル飲む場合も、この栄養状態の維持ができなければ意味がありません。

タバコ、お酒の影響で、栄養状態が悪くなったり、ストレスが過剰になったりしてしまう場合は8カプセルでは足りない可能性もあります。

逆にきちんと食事をとっていて、運動はせず、タバコもお酒もしていない場合は8カプセルどころか4カプセル摂取するだけでも多いかもしれません。

この辺りの栄養摂取量ベースでのベガリア摂取量は個人で調整しないといけません。

長期間飲まないと精力増強はありえない

ベガリアの目的である精力増強を果たすには、精力減退に至った理由をなくさないといけません。

精力減退の要因慢性的なストレス、疲労、栄養不足、運動不足が一般的で、これらを改善しないと根本的な解決にはつながりません。

弱くなってしまったペニスを再び強くするには、身体のあちこちの栄養状態を改善しないといけません。

POINT
最初は生命維持に必須な場所から栄養が消費されるため、生活改善とベガリア摂取を始めてからしばらくは体を健康な、ある意味正常な状態に戻すのが目的になります。

健康な状態を取り戻せてから、プラスアルファで精力増強につなげるようにしていきます。この時にもベガリアが役立ってくれます。

栄養成分で言えばシトルリン、アルギニン、マカ、ウコン、亜鉛などで、男性機能の働きを高めるために必要な成分として摂取し続けることで、少しずつトレーニングができて、効果も出るようになってきます。

長期間セックスレスで、経験していなかった場合には、夫婦で愛し合う時間、パートナーと性欲まみれで愛し合う時間を作るようにしないと身体がセックスする気にならずに精力増強につながらないこともあります。

セックスする習慣がないと、そこに体力を消費しなくなってしまうのでパートナーとの関係改善、パートナーの協力は大切です。

思春期の子どもがいてもなんとか時間とタイミングを作って、夫婦で愛し合う時間はとても大切です。

過剰摂取より食生活改善が先

栄養バランス2

生活が変わっていなければ効果はほぼない

ベガリアを多めに摂取することよりも、生活改善をするほうが大切です。

場合によってはベガリアは飲まずに、生活改善だけできれば精力増強はできます。

食生活で、スタミナアップや体力向上に必要な食料をきちんと摂取していれば、それだけで状況は改善されます。
にんにくや魚介類、大豆や鶏卵などきちんと食べていれば精力増強に必要な栄養は補給できます。

運動を先に始めるのもダメではないですが、栄養状態が良くないために精力減退を引き起こしている人が無理に運動をすれば、より栄養が足りなくなって、筋肉痛や怪我などを招き逆効果になります。

POINT
運動もベガリアなどの精力増強サプリメントも大切ですが、何よりもまずは食事を基本に考えて、栄養状態を改善しないといけません。 食事をとっていないと心も体も正常に動かなくなりますので、まずは食生活改善が必須です。

食事の改善において、1日3食でなければいけないことはありません。

炭水化物が多すぎた方は、お米やパンを減らして野菜などを増やし、すぐにおなかが減る場合には食事の回数を増やすと良いでしょう。

1日野菜やフルーツを中心に食べるように変えて、5食食べるようにしても、それが体質にあっているならば問題ありません。

肉や魚を中心に食べるのが良いと感じる方は、肉類中心の食事でも問題はありません。

それぞれに何を食べるのが良いか、個人差があるため、野菜だけが必ず健康的だとは限らず、肉や炭水化物が不健康ではありません。

ベガリアはあくまで栄養補助が役目

ベガリアに限らず、ほとんどの精力増強サプリメントは栄養補助が主な目的です。

EDになってしまった人が使用する勃起薬バイアグラ、レビトラ、シアリスとは異なり、飲んですぐに効果があるものではありません。

そういうものとは全くの別物で、ベガリアは精力増強を目指す人の栄養補助が主な目的です。精力増強しやすくなるだけで、飲んだからすぐに効果が出るというものではありません。

ベガリアを飲むときには健康管理、栄養管理が最も重要になります。

ベガリアを飲んで摂取できる栄養素、逆にベガリアでも摂取できない栄養素をその成分量と厚生労働省などが発表している1日の推奨摂取量などから判断して、栄養が足りるように食事、サプリメント、ベガリアなどを組み合わせないといけません。

栄養摂取量を安全な範囲内で満たせるならば、ビタミンサプリも、ミネラルサプリも合わせて摂取した方が良いです。

ベガリアを飲んでも必須アミノ酸の必要量は補いきれません。

鶏卵の半熟卵のようなアミノ酸スコアの高いものを1日の消費カロリーなどとも照らし合わせて適正な量摂取しないと意味がありません。

仕事が大変な場合には1日に必要なカロリーは2000kcalではなく、もっと多くなりますのでそれに合わせて食事を増やす必要があります。

セックス前は2倍量飲むのもあり

気休めでしかないですが、プラシーボ効果は意外と影響があります。

セックスの数時間前、または、セックスの予定の1週間前からべがリアを集中的に摂取し、効果が出るはずだと信じて飲んでいると、本当にわずかながらでもプラスの影響がある場合があります。

これは医学的にも賛否が分かれるところですが、風邪薬だと言って小麦のタブレットを処方しても風邪薬を飲ませた人とほぼ同じくらいの期間で完治する場合があるので、なんとも言えません。

栄養面に関して言えば、セックス前にベガリアを副作用がない程度に多めに飲んでおけば、栄養不足で精力減退する可能性を減らせます。

精力減退する要素を減らせればよいわけなので、ベガリアを少し多めに飲むことは無駄にはなりません。

過剰摂取で体調を崩すと逆効果ですが、一時的にスタミナを高めるためのものとして飲んでみるのも良いでしょう。

この場合は、一応パートナーに飲んでいることの共有や理解を得ていたほうがパートナーも心と体の準備ができるはずです。

急に始めるのではなく、約束して合わせてするほうが女性は安心感が得られる可能性が高いです。

男性は瞬間的に急に、発作的にその気になってしまうかもしれませんが、我慢や焦らしをうまく使ってパートナーとの時間を楽しめれば、精力増強もその相乗効果で成功しやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。