【ベガリアの購入方法】amazonや楽天でも買えるのか?

【ベガリアの購入方法】amazonや楽天でも買えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天1

結論から書いてしまいますと、べガリアは、公式サイトでしか購入できないようです。

2016年頃までは、Amazonや楽天のようなECサイトでもベガリアを販売していたようですが、現在は公式サイトでしか入手できなくなっています。

これはちょっとおかしなことです。

ベガリアほど人気のあるペニス増大サプリなら、Amazonや楽天で購入できても不思議ではありません。

一体何があったのでしょうか?気になったので調べてみました。

【ベガリアがAmazonや楽天で販売されない理由】

Amazonや楽天などのような大手のECサイトで販売するなら、大量の在庫を用意して顧客のニーズに応えなくてはなりません。

しかし、べガリアは公式サイトでも、量産ができないことを説明しています。というより、人気がありすぎて生産が追い付かないというのが実情らしいのですが、こういう状況だと、Amazonや楽天のようなECサイトでの量産回転系販売には向かないのかもしれません。

理由はいくつか考えられますが、まずECサイト側が要求する数量を確保できないと、契約違反になる可能性があります。

なぜなら、品切れが多いと顧客から苦情が来ることになりますから、それでは困るわけです。そういう問題でECサイトと揉めて契約を解除されたか、べガリア側から契約解除を申し出た可能性があります。

解除されたか解除したのかはわかりませんが、売れ筋商品なのに数量を確保できないなら、撤退もやむを得ない選択だったのかもしれません。べガリア側としては絶対に自信のある商品ですから、ECサイトの販売力に頼らなくても、公式サイトだけでもやっていけるという判断もあったのではないでしょうか?

Amazonや楽天のようなECサイトで販売するには、それなりに手数料も取られるはずです。

公式サイトだけでも飛ぶように売れる商品なら、わざわざ手数料を払ってまでECサイトで販売する必要はありません。おそらく、Amazonや楽天で販売されなくなったのは、こんな理由ではないかと推測されます。

【キャンペーンを展開】

ECサイト1

べガリアの公式サイトを見ると、さまざまなキャンペーンをやっているようです。通常価格より30%OFFにしたり3箱以上購入すると1箱おまけが付くとか、送料無料にするとか、そういったサービスですが、これは公式サイトだからできるサービスとも言えます。

なぜなら、公式サイトで販売する分には手数料を取られないからです。

POINT
ECサイトで販売して手数料を取られたら、割引キャンペーンをする余裕もなくなるでしょう。さらに、ECサイトでは通常価格だって手数料の上乗せ分を加算しなければならないため、顧客に提供するのに割高になってしまう可能性もあります。

できるだけ安く顧客に販売したいというのがメーカーの希望でしょうから、公式サイトならそれがかなえられるので、ECサイトから撤退したとも考えられます。

そうは言っても、ECサイトの販売力はかなりのものです。公式サイトでいくら頑張っても、ECサイトには遠く及びません。

しかし、自信のある商品なら、リピーターによる再販を期待することができます。言い換えれば、自社の商品が自信を持って薦められるものなら、販路は狭くてもリピーターの支持があれば成り立つということです。

効果のない商品にリピーターはつきませんから、もしべガリアがこういうことまで考えて公式サイトだけの販売に踏み切ったのだとしたら、かなりの自信があることになります。

確かにべガリアのペニス増大効果と精力増強効果は定評がありますから、これは十分にあり得る戦略です。

【メーカーは開発者集団?】

べガリアのことを少し調べるとわかるのですが、製造しているメーカーは開発者集団というイメージです。つまり、企業でありながら、商品を売って儲けようという前に、いい商品を作ることしか頭にないような感じがします。言い換えると、商売が下手ということですかね。

だから、どうやったらもっと売り上げを伸ばせるかなんて考えずに、たまたま商品がヒットして売れているから、もうそれでいいやという感覚なのかもしれません。

儲け度外視で開発に専念するのは、いい商品ができるから顧客にとってはありがたいことですが、ソロバン勘定ができていない可能性もあるので、ひとつ間違うと経営が悪化すおそれもありそうです。しかし、今のところべガリアがヒットしている感じですから、そんな心配は余計なお世話なのかもしれません。

【圧力がかかった?】

これは私の推測で何の根拠もありませんが、「どこかから圧力がかかったのではないか?」という可能性もゼロではないと思います。

あくまでも推測(妄想?)でしかありませんし、仮に当たっていたとしてもどんな圧力なのかまでは当然わかりません。政府筋の圧力とかは考えにくいので、やっぱり可能性があるとすれば、同業者からの圧力でしょうかねえ。

べガリアは配合成分の黄金比率を公開しないなど、同業他社から見るとイラッとくることをしているので、やっかみで何か嫌がらせをされた可能性も否定できません。なにしろ、黄金比率を公開しない限り、べガリアの独り勝ちですからね。いずれにしても、べガリアがAmazonや楽天などのECサイトで販売されない理由については、ちょっと謎が多い気がします。

よく考えてみると、ペニス増大ってサプリメントだけではないんですよね。他にもペニス増大に関する器具などを売っている業者がたくさんあります。そういう業者にとっては、サプリメントを飲んだだけで、ペニスを大きくされては困るということもありそうですね。べガリアが売れれば売れるほど、みんなそっちに行って他は売れなくなっちゃいますから。

また、べガリアは精力剤としての効能もかなりなものなので、精力剤の業界から横槍が入った可能性もあるのでは無いでしょうか?

どっちにしても、効力のありすぎるサプリメントを作ると、敵も作ってしまう可能性が高くなるのはあると思うので、もしそうだとすると、べガリア側としては、ここはじっと我慢するしかないのかもしれません。

【ECサイトの意向か?】

 

Amazonや楽天などの大手ECサイトは、近い将来サプリメントに規制をかける動きがあるようです。もしかすると、べガリアはその手始めとして圧力をかけられたのではないかという噂もあります。もちろん、真相のほどはわかりませんが。

【まとめ】

べガリアは効果がありすぎるサプリメントです。そのため、ECサイトではすぐに売り切れてしまいます。でも、べガリアは量産ができません。これでは常に在庫切れとなってしまうので、それではEECサイトに苦情が殺到してしまいます。

やはり、べガリアがAmazonや楽天などの大手ECサイトから姿を消して公式サイトだけの販売に踏み切ったのは、こういう可能性が一番高いように思われます。

ベガリアはAmazonや楽天市場などのECサイトでは手に入れることのできない、幻の商品となってしまいました。

しかし、べガリアの公式サイトなら入手することが可能です。なぜそうなったのかについてはいろんな説があります。

その中には噂の域を出ないもの、単なる推測でしか無いものなど様々ですが、「出る杭は打たれる」ということわざもあるとおり、べガリアも売れすぎるがゆえにいろいろ言われるのかもしれません。しかしそれは、逆に言えばべガリアの人気の証でもあるでしょう。

本当に効力のあるサプリメントだからこそ、べガリアは公式サイトのみで販売することになったのかもしれません。いずれにせよ、「最終的に顧客満足度の高い商品が生き残る」のは間違いないですので、その意味で品質に置いてライバル商品を圧倒するベガリアは生き残ると思います。

 

⇒ベガリア公式サイトはコチラです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。