ベガリア効果無し?効かない人にありがちな傾向とは?

ベガリア効果無し?効かない人にありがちな傾向とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数多く販売されている男性用サプリメントの中から、自分に合うもの、効果がありそうなものを選ぶことは結構大変ですし、サプリメントを選ぶ基準は何だろうと考えた時に、やっぱり一番は

「自分が思った通りの効果が得られ、満足できるかどうか?」であると思います。

そしてそれに基づいてサプリメントを選ぶとしたときに、参考になるものの一つとして、そのサプリメントを実際に服用し効果を体感した人たちのブログや口コミです。

ベガリアに関しても、さまざまな体験者の書き込みや口コミが見受けられ、

POINT
それぞれ効果を得ることが出来た人や、飲んで良かった、期待以上の効果で満足できたなど、良い書き込みが目立つ一方、飲んでみたけどイマイチ効果が出なかった、効果はあったけど自分が望んでいたような効果は得られなかった、など悪い書き込みもチラホラあり、ベガリアだけでも実に様々な意見があるようです。

 

その中からベガリアを服用してもイマイチ効果を得ることが出来なかったという意見を元に、なぜ飲んでも満足できる効果が得られなかったのか?、そしてそれには何か理由があるのかなどを考えていこうと思います。

【ベガリアが効かない人たちにはいくつかの共通点がある?】

 

ベガリア効かない人のイメージ

 

ベガリアがイマイチ効かない、ベガリアでは思うような効果が得られなかったという人たちの意見をいろいろ見てみると、そこにはいくつかの共通点がありました。

その共通点が、一概にベガリアが効かないという要因であるというわけではないのですが、少なからず関係はしていると思われます。

ベガリアが効かない人に見られるありがちな傾向をまとめました。

・服用期間の短さ

ベガリアが効かなかった人たちに1番多く見られたことが、服用期間の短さです。

多くの人がだいたい1ヶ月前後で服用を止めてしまっているというのがほとんどだったように感じました。

ベガリア1箱飲み切る目安はだいたい1ヶ月とされています。
ですので、お試し感覚や様子見という感覚で服用を始める方は非常に多いと思いますが、その1ヶ月の間で何も効果を感じられなかったからとやめてしまう人が多いようです。

ベガリアは医薬品のように飲んですぐに効果が出るものではなく、長期間の服用を見据え、時間をかけて徐々に体内の環境を変えていき、効果を得られやすくなるような体作りをしていきます。

つまり、体質改善をしていくことで、目指している効果を発揮させていくので、1ヶ月程度の服用では、効果を感じられないのは当然なのです。

たまに1ヶ月で効果があったという人もいるようですが、それは本当にごく一部の人であり、ほぼこういったケースは稀です。

最低でも3ヶ月、出来れば半年ほどの服用が理想的です。

これぐらいの期間服用すれば何かしらの効果は期待できるはずです。

 

・生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れ、特に睡眠不足な人というのは実に多いのではないでしょうか?

このような睡眠不足であるといった直接的な意見は見られませんでしたが、普段から規則正しい生活習慣が身に付いていないと、ベガリアの効果は得られにくくなります。

特に睡眠時間はとても重要で、十分な睡眠時間を確保しないと、ベガリアの効果に影響します。

睡眠時間が少ないと、体から疲れが抜けず次の日起きても体が怠かったり、体調がうまく整いません。

そしてなにより、体内のホルモン分泌というのは、眠っている間に盛んにおこなわれるので、睡眠が十分でないとホルモン分泌もきちんとされない可能性があります。

特にペニス増大や精力増強効果というのは、男性ホルモンの分泌量が深く関わってくるので、そういった効果に直接的に影響が及んでしまう可能性があるのです。

ですので、十分な睡眠時間を確保しましょう。
1日に7時間の睡眠時間が理想的です。

また、睡眠の質も大切です。眠る前にテレビやスマホなどのいじりすぎに注意し、ホットミルクなどで体を適度に温めて眠ると、質の良い睡眠をとることが出来ます。

また、飲酒や喫煙の習慣があるということも、ベガリアの効果を妨げる要因になります。過度の飲酒は精力を減退させたり、喫煙は血管を収縮し血流悪化を招きます。

・食生活の乱れ

食生活の乱れもまた、ベガリアの効果を得られなかった人に多く見られます。

例えば毎日コンビニ弁当だったり、外食が続く、朝食をいつも食べないなど、食事の回数がバラバラであるとか、自炊ではなく外で食べることが多いと、それだけ食事から摂る栄養バランスが偏ってしまいます。

ベガリアには有効成分がたくさん配合されているので、ベガリアで多少は補うことは出来ますが、油や砂糖、塩分が多く含まれている外食やファストフード、コンビニ弁当ばかりだと、せっかくベガリアを服用しているにも関わらず、体内に必要な栄養は十分に摂ることは出来ません。

ベガリアで効果を得るどころか、逆に血行不良になったり、肥満になったりなど、健康への影響が出てきてしまう可能性があります。

きちんとバランスのとれた食事を3食しっかり食べて、そのうえでベガリアを服用することで効果の得られ方にだいぶ違いがあるはずです。

・明らかな運動不足

毎日適度な運動をすることって、案外続かないし、結構難しいことです。

普段から運動を心がけている人は、そこまで多くないんじゃないでしょうか?

時間に余裕がある方はジムなどに通うことも出来ると思いますが、忙しい人はなかなか難しいですよね。

例えば、1日数分スクワットをするだとか、家で簡単にできる腹筋などの筋トレをするだけでも、それを毎日少しずつ続けていればかなり違います。

筋トレや運動は全身の血流が良くなり、筋肉も発達して成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

逆に運動をしないと、徐々に筋肉が衰えていきホルモン分泌もされにくくなってしまうので、たとえベガリアを服用していたとしても、なかなか効果は得られにくくなってしまいます。

【服用方法の違いなどでも効果の感じ方に違いがある】

医薬品というのは、その人の体格や年齢によって服用する量を医師が決めたり、市販の医薬品でもきちんと注意書きがされていますが、ベガリアのようなサプリメントというのは、1日の服用の目安はあるものの、そういった体格や年齢に合わせた服用の仕方というのは特に提示されていません。

ですので、基本的にはそれぞれの服用の仕方というのは自由になります。

例えば1日の目安量よりも少し多めに服用している人や、それよりも少なめに服用している人、1日の摂取量が2粒だとしたら、それを1回に2粒に飲む人や2回に分けて1粒ずつ飲むなど、いろいろな服用の仕方が考えられます。

POINT
ということは、服用の仕方が決まっていないからこそ、飲み方にもいろいろな方法があり、それによって効果の感じられ方も違ってくるのだと思います。

また個人の体質というのも関係してきます。ベガリアの服用時に体内環境が整っていれば効果もより早く感じられるだろうし、体調不良や体内環境が整っていない状態であれば、効果を感じるのに時間がかかります。

 

【まとめ】

ベガリアを服用したすべての人に、効果を感じることが出来るのかというと、残念ながらそうではないようです。

同じベガリアを服用して効果を得ることが出来る人と、出来ない人がいるのはどうしてかと考えた時に、ベガリアが効かない人というのは、服用期間が極端に短かったり、毎日の生活が不規則であったり、食生活が乱れていたり、運動をほとんどしないといった傾向にあります。

こういった普段からの生活を今一度改め、そして再びベガリアを服用すれば、効果を感じる事が出来る可能性がぐんと上がります。

いまいちベガリアで効果が得られなかったという人は、見なおせるところは見直して改善して、もう一度ベガリアにチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。